お金

リクルートカードの電子マネーチャージ3万円制限

投稿日:

電子マネーへのチャージでも 1.2% という高還元率だったリクルートカードですが、
その高還元率に一部制約が掛かることになりました。

 

2018年4月16日からの改定

  • 月間3万円までがポイント加算の対象、それを超える分は対象外に
  • 各電子マネー毎の合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額が対象
  • 対象電子マネーは
    JCB: nanaco, モバイルSuica
    Master/Visa: nanaco, 楽天Edy, モバイルSuica, SmartICOCA
  • 月間集計期間は毎月16日~翌月15日
    (売上データがカード会社へ到着した時点が対象)
     

考えられる対策は?

  • 4/15(到着)までに目一杯先行チャージしておく

  • 「電子マネーチャージ利用は計画的に」
    月間利用額に対する制限で困るという訳ですから、
    毎月電子マネー5万円とかをコンスタントに使っている人を除くと、
    残るは不定期にまとまった額を使うという使い方になります。
    私もそうですが、税金等の支払いのための
    nanacoチャージを目的としている方も少なくないのではないかと思います。
    上記にあるように "月間集計期間は毎月16日~翌月15日" ですから、
    逆を言えば月半ばを跨ぐ期間では短期間に最大6万までチャージできる訳です。
    nanaco のチャージは頑張って上限10万ですから6万できれば十分な気もします。
    利用残高が数千円などにならないように、常に2〜3万を維持できるに心がければ、
    必要時にはほぼ満額の10万弱までチャージすることができます。

  • JCB, Master/VISA の2枚持ち
    ブランドの異なる JCB と Master/VISA の2枚を持てるので、
    別途持っていない方を追加するのは手の一つです。
    よく使う、チャージしたい電子マネーが元から2種類以上ある場合は良いですが、
    そうでない場合、利便性の観点からチャージで紐付ける電子マネーも2枚にした方がよく、
    またリクルートカードのポイントを受ける Pontaカードも2枚に増えるため、
    なかなかに煩わしい感じになりそうです。
     

情報元

https://recruit-card.jp/info/20180316/

Google Adsense

Google Adsense

-お金
-,

Copyright© P-Life, 2018 All Rights Reserved.